HOME>注目記事>ある程度の年齢になったのなら診てもらおう

機器があるところを探そう

目の仕組

ある程度の年齢になったのなら、緑内障になるかもしれないので眼科で定期的に発症していないかどうかを確かめてもらったほうがよいです。特に家族や親戚に緑内障の方がいると発症しやすいといわれているので、当てはまる方は積極的に検査を受けるようにしましょう。ただし、緑内障を見分けるための機器は安くはないため、小規模の眼科では取り扱っていないケースもあります。つまり、緑内障の診察をして欲しいのなら、機器を導入しているところを探して選ばなければいけません。ホームページがあればすぐに分かるのですが、持っていない眼科もあるので、電話をして聞くのが一番確実だといえるでしょう。

検査をしなければ分からない

眼

緑内障は目を視診することでは分からずに、検査をしなければ分からない病気なので、自分から『検査をしてほしい』ということを伝える必要があります。もちろん、視診でも緑内障の疑いがあるということを見抜いてくれるドクターもいますが、どちらにしても検査が必要なため最初に渡される問診票に書いてしまった方が早いです。眼球に特別な何かをするような検査ではないので、気軽に受けて、緑内障かどうかをドクターに判断してもらいましょう。

目薬から治療はスタート

視力検査

検査を受ければ即日で緑内障かどうかが判断をしてくれて、すぐに治療が開始されます。急性のものではなく普通の緑内障ならば、ほぼ間違いなく目薬をさすことからスタートするでしょう。ぜんそく持ちの方が使ってはいけない目薬や一日一回だけ使えばよい目薬など、治療に使われるものにはいろいろな種類があります。ドクターが適切なものを選んで提案してくれるので、使用方法を教えてもらったうえで自宅に持ち帰り、決められた回数を利用しましょう。