HOME>ホットトピックス>検査や治療にかかるお金を知っておけば安心

目次

保険が使えるので費用は高くない

医者

視野に見えない部分を確認できたのなら、緑内障を疑い、治療のために病院で検査を受けなければいけません。保険がきくため安価な費用で調査をしてもらえるため、自己判断はせずに、症状が進むまえにドクターに診てもらうようにしましょう。

初診は高くなりがち

視力検査

初めて眼科を訪れて、緑内障かどうかを判断してもらう場合は費用が高くなりがちなので注意しましょう。その理由は、初診料が発生しますし、緑内障とは関係ない各種の検査が行われるので費用が高くなってしまいがちなのです。

視野欠け検査が行われる

目の仕組み

ドクターの診察を受けて緑内障の可能性が高いとなると、視野が欠けているかどうかを調べるための特別な検査が行われます。視野欠けの検査は、これまで受けてきた検査よりも費用が高い場合がほとんどなので、お金を多めに持っていくと安心です。ただし、保険があれば、視野欠け検査と診察料を合わせても一万円以上取られるようなことはないので安心しましょう。ちなみに、緑内障であることが分かったのなら、定期的に視野欠けの検査を行うことになります。

診察を受けたあとには目薬が処方される

視力検査

緑内障であることが分かったのなら、治療のために何本かの目薬が処方されることになります。人によって目薬の種類や本数が異なるため、費用も人それぞれだと考えておきましょう。ただ、よほど大量に処方されるのでなければ、一回あたりの診察で五千円(保険適応で)超えることはまずありません。